PAGE TOP

ライトワーク

ライトワークは、日本人の心を代表するさ事業でありたい

セイコーグループのライトワークとは

ライトワークとは、セイコーグループが事業を超えた心の活動を総称してライトワークとしております。

つまり、ビジネスの枠を超えたボランティア活動と呼ぶ方が理解を得られると思います。
ボランティアとビジネスを混在させることは、CSRを掲げる大きな企業のイメージと同じではあります。

セイコーグループは、健全な事業を通じて生まれる想いを大切にし、ビジネスのフィールドでは実現出来ないことを活動出来る組織を持つことに大きな意義があると考えております。

私たちが、組織として窓口を設けることで一人の力では行動しにくいと考えられる気持ちを私たちが代わりに運ぶことが出来るのではないか。

一人では不安だけど、みんなで活動出来るのであれば安心して参加出来るなどの気持ちの支えになれるものとして組織は効果的に働きます。

強制ではなく、義援のこころと行動を支えるものです。

PHOTO

ライトワークの実績

毎年どこかで大きな災害が起こっています。東日本の震災から熊本の震災まで災害のニュースやボランティアの活動が伝えられない日は無いと言えます。

私たちは、ライトワークという義援のチームとして東日本大震災を機に活動しております。被災地の各地に送る支援物資を集め運ぶことを始めて行動しております。

そして、被災地の様子や出来事を和歌山に戻ったときに皆さまにお伝えしています。

活動の中から感じたことをそのままに、詩集を作りました。

必ず、小さな資源で大きなエネルギーを生み出す時代が来ると信じて、前向に進んでおります。

PHOTOPHOTOPHOTO

ライトワーク事業を通じて出会いたい人

私たちは、事業を行なうビジネスマンとしての一面もあります。利益を追求することとボランティアは真逆の行動でしょうか?
私は、違うと思います。ボランティアを無償のサービスとして考え、してやってるという潜在的な意識があるひとが感じることだと思います。

実は、ビジネスも無償のサービスから始まると考えて良いのでないでしょうか。 お礼の形が具体的にあるものがビジネスです。
また、何かして欲しい、サービスを受けたいという要求を受けてもらいやすい形がビジネスと考えてはどうでしょうか。

ライトワークは、要求されない、要求したいけど出来ない状況に働きかけるアクションを通じて、私たちの生き方を実現するひとつの形であります。

大事な時間や、労力を提供して、相手の大事な金銭を受け取ることがビジネスとしたら、何も受け取らないのがライトワークです。そして、社会に伝える真実があることが私たちのライトワークです。

私たちの行動イメージに共感できる方は誰でも参加してもらえます。

PHOTO

PHOTO

セイコーグループのライトワークは、社会に必要な力をビジネスの枠にとらわれず活動できる組織です。
セイコーグループのライトワークへのお問い合わせは、株式会社セイコーグループまでお願いします。

(9:00〜17:00) お電話でのお問い合わせ

こちらのメールフォームから24時間受付ております メールでのお問い合わせ

MESSAGE 代表挨拶はこちらMESSAGE 代表挨拶

編集後記 Editor's Note

ライトワークは、ボランティア活動であることはわかりました。 しかし、セイコーグループが東日本大震災の時に地域の思いをいち早く集め、被災地に届ける活動をされたことが素晴らしいと思います。
テレビで大変なことになったなと、感じた人は多いと思います。その思いを何か自分のできる範囲で支援した人も少なくはないと思いますが、
セイコーグループさんは自現場に向かわれたという行動力に感動しました。

現地で見たこと、感じたことが詩集となってまとめられていることは、震災で苦しい思いをされた方の気持ちを忘れないという思いだと感じました。遠くに住む者には非日常かもしれませんが被災地は毎日です。避難生活が日常なんですね。
私たちも考えて行動できるようになれたら素晴らしいと思いました。